MENU

かゆいと感じるにきびの原因と治す方法について!

身体にできたにきびは赤みを帯びてかゆいと感じる事があります。また、炎症を伴ってかゆみを感じる場合もあります。

 

そのような時にはついつい掻いてしまう事がありますが、掻いてしまうとにきび跡が残ってしまう可能性がありますので注意が必要になります。
かゆみを伴うにきびの原因としては、主に乾燥、雑菌、アレルギーの3つが挙げられます。

 

この中でも特に乾燥が一番の原因とされています。
肌の水分量が著しく低下する事で乾燥肌になり、皮膚が敏感になってかゆみを感じます。それに加えて炎症の刺激でよりかゆみが強くなります。

 

また、にきびの原因が雑菌の場合はこの雑菌がかゆみの原因になります。そして個人の体質によりますが、アレルギー体質の方はかゆみの元であるヒスタミンの分泌が増加しますのでかゆみが強くなります。

 

治す方法としては、保湿が最も重要なポイントになります。
肌の乾燥を防ぐことができれば乾燥肌になることを防止できますし、にきび以外の皮膚トラブルを予防する事も可能になります。
特に原因が乾燥の方はしっかりと保湿ケアを行い、肌のバリア機能を高めることが重要だと言えます。

 

また、常に肌を清潔に保つことも重要になります。
と言っても頻繁に洗顔などを行う事は逆効果になりますので、適度な洗顔を行うように注意する必要があります。

 

なお、応急処置としては冷やす方法が挙げられます。
かゆみ止めの薬も有効な手段ですが連続して使用することはできませんので、患部を冷やす事が最も有効な方法と言えます。