MENU

顔にできてしまった大きいにきびの治し.方を紹介!

顔にできてしまうにきびは、場合によって非常に大きくなってしまう時があります。大きいにきびができてしまう原因として考えられるのは皮脂が毛穴で詰まってしまうということや、皮脂が皮膚の内部にたまってしまうなどの原因が考えられるのです。

 

特にオイリー肌の人に多いのですが、これはセルフケアで治すことができます。治し方に関しては常に清潔な肌状態を保つということであり、女性の方であれば1日の終わりに必ずメイクを落とすようにしましょう。

 

またファンデーションのパフや、メイクの時に使用するブラシなどは皮脂が付着してしまいがちなります。これは定期的に取り替えるなどをして清潔感を保つようにするといいです。

 

にきびの原因の1つに栄養不足ということもあるので、サプリメントや良質な食事を取ることで治すことができます。サプリメントを摂取するときには亜鉛を取ると新陳代謝が活発になり、細胞分裂を促す事が可能です。

 

これによって回復スピードを上げることができるため、服用してみると良いでしょう。抗酸化作用を持っているビタミンEも服用することで、免疫力を高めることができるので同時に摂取するといいです。

 

またビタミンCサプリメントはコラーゲンの生成と助けるものであり、きにびに効果的な栄養素の1つとなっています。メラニン色素が生成されるのを防ぐことができるので、にきび跡を残したくないなら服用しましょう。

 

入浴後は化粧水と保温クリームを肌に塗るとにきびの発生を防げます。