MENU

敏感肌・にきび肌におすすめ!弱肌の日焼け止め選びの3つのポイント

敏感肌でニキビ持ちで肌荒れ気味。
それでも紫外線をカットしたい、焼けたくないという場合、どんなUVケアがあるのでしょう。

 

 

紫外線吸収剤が入っていないもの

紫外線吸収剤とはその名の通り、紫外線を吸収し、その後化学反応を起こし、良質なものに変換するというものです。
しかしアレルギーを起こす可能性がある成分としても知られていますから、ニキビが出来ている女性や敏感肌の女性にはオススメできません。
紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めを選びましょう。

 

 

パウダータイプを使おう

敏感肌の女性は、ニキビや肌荒れ防止のために日焼け止めを選ぶのであれば、リキッドやジェルタイプ、クリームではなくパウダータイプというものを選びましょう。
パウダータイプのUVケア用品はあまり見かけませんが、ちらほら出てきています。
洗顔石鹸を使って簡単に落とせる、重ねつけも楽で、ノンケミカルだから肌に優しく敏感肌でもOKという点が魅力です。

 

 

オイルフリーのものを選ぼう

敏感肌もオイリー肌の女性にも言えることですが、オイルフリーの日焼け止めを選ぶことが大切です。
日焼け止めに入っているオイル成分が酸化して、ニキビを余計に悪化させる可能性も捨て切れませんから、オイルフリーであるかどうかもチェックしてから購入するようにして下さいね。

 

また、やはりクリームタイプでも石鹸でしっかり洗い流せるようにすることが大切です。
紫外線吸収剤の入っていないクリームタイプでも、肌に負担をかけるものはあまり良くありませんから、洗顔でさっと落とせるくらいに軽いものを選びましょう。

 

 

敏感肌やニキビ肌におすすめの化粧水・乳液もありますので、参考にしてみてください。